グッピーについて考えてみた

 


なぜこんなにもはまってしまったのか考えてみた


グッピーを初めて見た時の率直な感想は

小さくて色が綺麗」と思った


熱帯魚というと、社長室にいそうなアロワナ等を思い浮かべていたが、グッピーはメダカの仲間なので小さいから俺でも飼えるかもと思ったのも理由だ


実際、単純に飼うだけならグッピーは超簡単だ


放っておけば勝手に繁殖するし、命が途切れることはない


他の魚との大きな違いとしては、個体ごとに体の色が異なる点だ


今いる稚魚たちは雑種なので、どんな色に育つかまったく予想がつかない


グッピーは品種改良により様々な新種が作られ続けている


よくホームセンターで見かけるのはブルーグラス

7fe8ab01_640.jpg



ドイツイエロータキシード

0ec26f35_640.jpg



他にも色々な種類がある

68516b81_640.jpg

22336eab_640.jpg

b1c6eeb8_640.jpg



中にはこんなのもいる

11c5cdcc_640.jpg



その他「ツタンカーメン」や「メデューサ」など、鑑賞用としてはちょっと可愛くない種類もいる(汗)


正直RRE.A(アルビノ)系は許せない


目が真っ赤で視力がほとんど無いため、他の魚に餌を取られてしまい餓死する確率が非常に高い

1194b45a_640.jpg



いくら綺麗とはいえ、そんな可哀想な品種作るなよと言いたくなる


個人的に好きなのがモスコーパンダ

6832af4e_640.jpg

32a906dd_640.jpg


たくさんいると本当にパンダみたいだ

d0cbbea2_640.jpg



ただ、グッピーはその系統を長く維持するのがとても難しい



俗に『熱帯魚飼育はグッピーに始まりグッピーに終わる』と言われるのもわかる気がする方は押してください

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あず(ストリートダンサー)

Author:あず(ストリートダンサー)
 
グッピーしか友達いません
 

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR