仲間が増えた

 


土曜日、家の車庫の上に枯れ葉が積もり、雨どいが詰まってしまったというので2階の窓から屋根に上がった


ここに人が来るのはおそらく20年ぶりぐらいだ


雨どいに手を突っ込み、詰まった枯れ葉や泥をゴミ袋に回収していったが恐ろしく水が冷たい


あまりにも冷たいから一旦戻って割りばしか何か細いもん持ってこようかとも思ったが、こんなもん一回で終わらせたいのでそのまま続行


何とか水が通るようになった


窓から家に入ろうとしたがなぜか鍵が閉まっている


俺が屋根に出てるとは知らず、お母さんが寒くて閉めてしまったらしい


その後、姉ちゃんに開けてもらうまで死ぬほど寒かった(泣)




ここから本題


午後、用事があったついでにホームセンターに立ち寄り、稚魚用の白い色の小さいネットを購入


ついでに近くの熱帯魚屋へ行き、色々と聞きたいことが溜まっていたので聞くことに


ここは魚を落ち着かせるためか店内の照明が薄暗く、店長が無愛想でいつも怒っているような顔をしており、かなり陰険な雰囲気のある店だ
エバーフィールド



でも話すと普通の優しいおじさんだったりする


何でも過去にグッピーのコンテストで優勝経験があるそうで、意外とすごい人だったりする


店の奥には色々な品種のグッピーが売られいた
エバーフィールド2



他の店だと1匹3000円ぐらいするやつが、ここでは雄と雌1ペア1000円くらいで売ってるからすごい


しかも驚くほど体長がでかい


10cm近いモンスター級のメスもいた


やはり優勝経験があるだけに育て方がうまいようだ


ブルーグラスも可愛いがホワイトグラスって品種も初めて見たが綺麗だった


グラステールという品種も色が繊細で見ていてうっとりしてしまう


1ペアで800円と激安だったのでグラステールを買ってみることに


帰ってさっそく水合わせ
グラステール水合わせ (3)



水合わせで注意しなければいけないのは、基本は店で買ってきた袋ごと水槽に浮かべて水温を同じにする
グラステール水合わせ



袋の口を丸めて浮き輪を作り、5分~10分おきに水槽の水をちょっとずつ入れ、少しずつ水槽の水に慣れてもらう
グラステール水合わせ (2)



いきなり水槽に入れるとpHショックを起こし死んでしまうことも


ただ、あまりにも水合わせに慎重になり時間をかけすぎると酸欠になってしまうのでは?と思い、時間は40分くらいにしておいた


エアーポンプを余分に持ってる人は袋の中に入れておいた方がいいかもしれない


一応、繁殖を視野に入れて1ペアで買ってみた
グラステール (2)



かわいい
グラステール (3)



ちなみに一般的に知られるグッピーはみんなオスの写真だ
グラステール



自然界ではすべての生き物がオスが派手でメスが地味にできている


唯一メスがお洒落する動物は人間だけ


でも裸になれば男の方が毛深く筋肉もあり派手だ


競争相手のオスを排除し、少しでもメスの気を惹くことができるよう進化してきたものだ


話がそれたが、外国産と国産を同じ水槽で飼うと、国産が変な病気にかかり死んでしまうという記事をよく見かけるので、グラステールは45cm水槽でしばらく様子を見ることにした


でも外国産がドブ川で繁殖した場合も、やはり外国産といえるんだろうか?


クリックお願いします

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

スカイプつてやってますか?

グッピーかわいいですよね。
ただ、増えすぎるのと、水草水槽のような弱酸性の水には合わないと思い敬遠しています。
上手く繁殖してくれると良いですね。
プロフィール

あず(ストリートダンサー)

Author:あず(ストリートダンサー)
 
…グッピーしか友達いません(汗)
 

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR