「男の世界」

 


12月から新しい仕事を始めた


最初の1ヶ月間は所長が付きっきりで販売&アポ取りするのだが、正直、一日中一緒にいるのは息が詰まる(汗)


水曜と金曜は俺一人で廻らせてもらうようお願いした


新規の顧客を作るため商店街を端から順にアポ取りしていった


すると、商店街の一番最後に造園屋を発見



店の入口に見事な2mほどの巨大な流木が飾られており、思わず立ち止まってしまった
79d2df57_640.jpg



営業を済ませ、さあ次に行こうというところだが、ふと前から気になっていたことを店主に訪ねてみた



「石材で使えない余ったやつってどうしてるんですか?」



俺が水槽をやっていて、レイアウトに使えそうな石や流木を集めていることを伝え、店主と奥さんにも俺の今までの写メを見せた




すると店主に店の裏に案内された



店主は昔から珍しい石を集めるのが趣味だという
01b25ad2_640.jpg





「欲しいだけ持っていきな」



言うだろうとは思っていたが、せいぜい2つか3つ程度だと思っていたので驚いた



今まで苦労して集めた石をこんな見ず知らずの得体の知れない男にただで譲ってくれるなんて、なかなか真似できることじゃない



両手で持ちきれず、奥さんにスーパーの袋を持ってきてもらい「うわー!」とか「おぉー!」とか言いながら夢中で詰めていった
36290ee1_640.jpg




さすが石を愛する造園屋の店主だけあって、どれもよりすぐりの逸材ばかり
3bdc6d84_640.jpg




個性を主張した独特の色合い



長年風に当てられた山肌を思わせる重厚感



ウィローモスが活着しやすい表面のざらつき



しかも色々な用途に使い回しが利く手のひらサイズ!



アクアリストとって、まさにお宝の山だった
04e63214_640.jpg




まるで一つ一つが語りかけてきそうな存在感があった



石はショップで買うと安い物で一つ500~1500円する



表面がざらついたものだとかなり高い



だいたい金額に換算して10000~15000円相当の石を頂いた




この喜びをいったいどう伝えたらいいものか



気が付くと車の後ろのドアを開けていた



「僕が自腹きるんで、好きなの選んでください」




奥さんにパンをご馳走してあげた




店主が見せたいものがあるというのでついていくと、店から1kmほど離れた敷地に会社の素材置き場があった


クレーン車じゃないととても運べない巨大な石が大量に積んである





「すいません、水槽に入んないっす!」





店主が手招きする方へ行ってみると、大量の溶岩石が落ちていた



「欲しいだけ持っていきな」




ここまで来るともうおとぎ話だ



まさに夢物語



ショップで買うと溶岩石は結構高い


ただショップはあくまで生体や水草・アクア用品がメインなので、レイアウト素材は置いてある数が少ない


いい形のものはとっくに売れてしまっているのが現状


残った中から選ぶしかないのだが、金額も馬鹿にならないし量もそんなに買えないしで、実際に水槽に入れてみてイメージと違ったりすることも多い




「欲しいだけ取ったら帰っていいから」



店主は仕事に戻ると言い、俺を残して行ってしまった




金額に換算してだいたい20000~30000円相当の溶岩石を頂いた
e07d9910_640.jpg




さすがに黙って帰ることはできなかったので再び店まで行きお礼を伝えた




奥さんはここにも石マニアがいたみたいな表情を浮かべ、少し呆れている様子だった(汗)




普通の人から見ればただの石



わかる人にだけわかればいい男の世界






そのあと廻ったお客さんに「この石は何!?」と聞かれた





だから真面目に仕事しろよって思った方は押してください

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re:

〉蘭栖さん

また別の造園屋にも行こうと思います

*゜∀゜)

日々御疲れ様です。
似た様な経験があるのでニヤつきながら
拝見させて頂きました。
ありがとうございました。

Re:

前から石は石材屋か造園屋にもらおうと思ってました

*゜∀゜)

新しい仕事お疲れさまです!
思わぬ営業の成果ですねw
というか給料以上の成果ですね!
羨ましいです。
プロフィール

あず(ストリートダンサー)

Author:あず(ストリートダンサー)
 
グッピーしか友達いません
 

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR