お客様は神様です

 


タイトルに深い意味はありません


移動販売でうまくいかない人は、人が密集する場所だけにこだわって顧客を作ろうとするからじゃないだろうか?


確かに企業や工場のような大きな場所をおさえておくのも必要だが、あまりに頼りすぎるとそのうちの一つでも外れた時のダメージが大きい


大きな工場に行っても毎回買う人は一人だけだったりもするし


けっきょくのところ顔を出せる場所をコツコツ増やして保険を作っておくしかない


民家も馬鹿にできない


「移動販売で成功するノウハウ」などというものが文書でネットで10万円とかで販売されていたりするが、ほんまかいな?(汗)


これだけははっきり言えることだが、待っているだけでは客は来ない


自分から攻めていかなければそのうちつぶれる


個人事業にしろ大手にしろ同じことだ


俺なりに無い頭で考えてみたが、一年中安定して売れるものはパンかおにぎり系に絞られると思う


たこ焼き・ホットドッグ・スムージーやアイスクリームなど色々あるが、一人で2つも3つも買う客はそうそういない


客単価が取れない


考えれば考えるほどパンってずるいなって思う


主食にもなるし、おやつにもなる


おにぎりはおやつにはならない


絶対に必要なものってわけでもないが、生活になくてはならない人もいる


お土産でもいけるし、ひっくり返しても形が崩れないのがいい


この世で初めてパンを作った人ってすごいなって思う


クレープもいいが、たまに食べて美味しいものは、たまに食べるからだ


毎朝パンを食べる人はいても、毎朝クレープを食べる人は聞いたことがない


いいリピーターができるかどうかははっきり言って『運』だが、一日にパンを100個売りたいと思うのであれば60件近く顧客を作る必要がある


企業や工場などは仕事中は出てこれないので時間が制限される


10時、12時、15時だけでパン100個はとても売れない


繁忙期や会議、会社の行事などで一人も出てこないなんて事もざらにある


狙い目は個人で経営している美容院やサロン、花屋、クリーニング店、時間に自由がきく小さい事務所などだ


民家は空いた時間に自由に廻れるのでたくさん顧客を持っておいて損はない


ただ一日に60件必要とはいえ、50件も廻る頃にはだいたい夕方になる


俺はまだ今月始めたばかりで、道を間違えたり一方通行にはまったりで効率よく廻れているとは思えない


あらかじめ廻る道順を決めておく必要がある


何件が留守で何件に断られるかわからないので、もし月~金まで毎日80件くらいの顧客を持てたとしたらほぼ無敵だ


断られても、そこでしつこくお願いはしない


一度でも「もういいです」なんて言われてしまったら二度と行けなくなってしまう


「次回またお願いします」とサクッと笑顔で帰ればいい


俺は一件のお客さんにつき5分間会話をするように心掛けている


その人のパンの好み・趣味・共通の話題などを覚えておくかメモしておく


純粋にパンを売ることだけを目的にしたらお客さんは買わない


会話をすることも仕事のうちだと思っている


美容院はいつも決まったところに行く人がほとんどだと思う


でも、どうしてもそこじゃなきゃいけない理由はない


たまたま初めて行った美容院だからか、友達に紹介されて行きはじめたかのどちらかだ


いまさら他の美容院に変える理由もないし、顔なじみだと悪くてできない


感覚的にどこか似た部分はあると思う


俺もそういう存在になろうと思っている


自分でスタンプカードみたいなものを作ってみようかとも考えた


10個たまると10%オフ
20個たまると20%オフ
30個たまったら好きなパン1つ無料



何かもっと他にいいアイデアがあったら教えてほしい


魚ネタじゃなくてすいません
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あず(ストリートダンサー)

Author:あず(ストリートダンサー)
 
…グッピーしか友達いません(汗)
 

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR